【有能】良い転職エージェントと悪い転職エージェントの特徴と行動【無能】

投稿日:2018年3月8日 更新日:

SEの転職では、転職エージェントサービスを利用するのが一般的です。

しかし転職エージェントには当たり外れがあります。

 

有能エージェントに付いてもらった場合は転職がスムーズに進みますし、無能エージェントが付いた場合は転職が期待通りに進まないでしょう。

転職という一大イベントにおいては私たちの人生がかかっています。

そのため、やはり有能なエージェントに支援してもらいたいものです。

 

ということで、この記事では良い転職エージェントの特徴と、悪い転職エージェントの特徴についてまとめました。

転職エージェントを利用する際の参考にしてください。

良い(有能)転職エージェントの特徴

まずは有能エージェントの特徴についてまとめます。

有能エージェントは仕事が速く的確なため、面接調整や書類選考調整等もスムーズに行うことが出来ます。

また転職者の書類のミスに指摘してくれたり、的確なアドバイスをくれたりもします。

強力なエージェントを味方につけると、あなたの転職活動が今の数倍うまくいく可能性が高まるでしょう。

 

レスポンスが速い

基本的に有能エージェントはレスポンスが早くて的確です。

メールを送った場合、当日もしくは翌日にはしっかり返ってきます。

返信に2日も3日もかかっていたり、最悪スルーされていたりすると、もうダメです。

 

エージェントが休暇を取って不在の場合も、アシスタントが対応してくれたりします。

 

ビジネスマナーがしっかりしている

ビジネスマナーが悪いエージェントは、企業側へのビジネスマナーも悪いと思われるため、避けたほうがいいでしょう。

例えば平気でタメ口で喋ってきたり、面談の時に態度が悪かったりですね。

転職者とエージェントは基本的に対等な関係です。

しかしビジネスですから、マナーを守ってやり取りすることが必要です。

 

ちなみにこれは転職者側にも言えることです。

エージェントとのやり取りで、ビジネスマナーが守れていない人は面接でも絶対ボロが出ます。

普段からしっかりやり取りをする癖をつけておきましょう。

 

空気を読める

空気を読めるかどうかも重要です。

例えばある求人を紹介されたとして、転職者が難色を示していてもその求人をゴリ押ししてくるとか。

 

空気の読めないエージェントの場合、転職者の希望に沿った求人を紹介してくれない可能性が高いので、結局時間の無駄になることが多いです。

 

業界の知識が豊富

これは経験によるところが大きいので、ある程度若い人の場合は仕方ないこともあります。

ただ業界について知識が豊富な人のほうが有利なのは間違いないです。

 

例えばSEであれば、どんな言語が使えてどんな技術を持っている人が市場価値が高いか?等が、業界の知識が豊富な人は把握しているわけですよ。

で、そういった技術を持っているSEはどんな企業が欲しているかということも把握しています。

そのため企業の要望と転職者の経験にマッチした求人を紹介してくれたりするわけです。

 

登録者の書類の不備や方向性の間違いをはっきり指摘できる

能力の高いエージェントは、転職者の書類の不備や方向性の間違いを的確に指摘できます。

例えば年収を上げたいので転職すると言っているSEがいたとして、他業界の事務職を目指していたとしたら、おいおいってなりますよね。

 

書類の不備や方向性の間違い、あとはアピールポイントの間違いなどをはっきりと指摘してくれて、またどう修正すれば良いかを教えてくれるエージェントは、やはり価値が高いです。

 

企業へ「転職者の強み」をしっかりアピールしてくれる

面接以外でも、企業の人事担当者と転職エージェントはやり取りしています。

その際に面接で伝えきれなかった、転職者がどのような強みを持っているか?等をこっそりアピールしてくれてたりします。

 

私は過去そのおかげで、ボロボロの面接をなんとか通過した経験があります。

 

悪い転職エージェントの特徴

次に悪い(無能)転職エージェントの特徴を紹介します。

私も何社か転職エージェントを利用したことはありますが、良い人と微妙な人は本当に全く仕事のレベルが違います。

中でも微妙な人は以下のような特徴があります。

 

やり忘れが多い(日程調整漏れ、書類送付漏れ)

もうほんとにやられては困るのですが、日程調整漏れや書類送付漏れ等は本当にやらかすエージェントがいます。

エージェントは正直調整だけですが、私たちは面接に向けて有給調整したり、企業研究したりと、多くの時間を割いています。

もしこのミスをやられると、全てが時間の無駄になってしまうことになり、それならエージェント使う意味全くねえじゃんってことになります。

 

転職者のスペックから受かりそうな企業の判断が出来ていない

業界の知識によるところも大きいのですが、

「この経歴を持つ転職者なら、これくらいの企業には入れそうだな」

という判断が行えないエージェントはダメです。

 

例えば凄く希少価値のある技術を持っている24歳のSEがいて、そのSEが年収500万を希望していたとします。

しかしエージェントが無能の場合、「24歳」という年齢の固定観念にとらわれ「年収500万は無理だ!400万程度の会社を目指そう!」等と言ったりします。

 

ちなみに上記の例は実際に起こった話です。その24歳のSEは、最終的に別のエージェント経由で年収550万の会社から内定を得ることに成功しました。

 

内定時の企業との交渉力が弱い

エージェントを使うメリットの一つとして、内定時の条件交渉があります。

はっきり言って転職の場合、入ったタイミングの年収は凄く重要です。

その年収をベースにして毎年給与が増えていくわけですから、初めに低い年収を提示された場合、安易に飲むのは危険です。

 

そしてそういった場合に強いのが、企業と条件交渉を行ってくれるエージェントの存在です。

有能なエージェントであれば、条件面アップのために力になってくれることは間違いないでしょう。

 

登録者が簡単に入社出来そうな低いレベルの求人ばかり持ってくる

これ凄くあるあるです。

エージェントの収入源は、転職者がどこかの企業から内定を得ることで発生します。

そのため、転職者が希望の企業に行こうが行けまいが、とりあえずどこかの企業にさえ入れさせればノルマクリアなわけです。

 

そして、エージェントはどちらかというと転職者より企業のメリットを優先します。

何故ならお金を払ってくれるのが企業ですから、お客様は企業だからです。

転職エージェント側は求人を紹介することで、どんなメリットがあるのか?

 

自分の客観的な市場価値というものは中々測るのが難しいものです。

しかし、エージェントの言うことを鵜呑みにするようなことはやめておきましょう。

少しでも希望があるなら、まずは行きたい企業への応募を進めていくべきだと思います。

その上で内定が全く出なければ、会社のランクを落としていくことも考えていく必要がありますが。

 

仕事中に平気で電話で連絡してきたりする

在職中だと言っているのに、平日の真昼間に平気で電話かけてきたりします。

何か緊急の用事なのかと思い出てみるも、全然メールで済むような内容だったりとか。

 

マナーとか気遣いが出来ていないですよね。

そういったエージェントの場合、転職者だけでなく企業へもマナー違反をしている可能性が高いため、結果的にこちらの心象が悪くなり内定が遠ざかります。

 

態度がでかくて説教してきたりする

これも結構あるあるです。

自分の希望の条件を伝えると、「それは高望みしすぎ!」みたいな意味の分からない説教をしてくる人です。

これが発生した場合、問答無用で関係を切ったほうがいいです。

 

言うまでもないですが転職者はエージェントのために転職活動をやっているのではありません。

転職が成功することが第一に来て、結果的にそれがエージェントの利益に繋がるというのが本来のあり方なハズです。

 

悪い転職エージェントに当たった場合はどうすればいい?

もし悪い転職エージェントに当たった場合はどうすればよいのでしょうか?

基本的に取るべき選択肢は以下の2点です。

 

担当者を変更してもらう

他の転職エージェント会社に登録する

 

担当者を変更してもらう

正直担当者を変更してもらうのってちょっと気まずかったりしますよねw

でも最近では担当者変更は一般的になってきています。

 

たとえば転職エージェント最大手の【リクルートエージェント】では、最初の段階で担当エージェントの上司の人がメールしてきて、

「担当者変更したかったらいつでも私に連絡ください」

的なことを言ってくれたりします。

担当者本人に直接言うのは結構ストレスが大きいので、言いような体制にしてくれてる配慮ですね。

 

他の転職エージェント会社に登録する

これもまあ一般的な方法だと思います。

転職エージェントを行っている会社は結構多いです。小さいからダメ、大手なら良いとかでもなくて、小さくてもしっかりしている会社は存在します。

どちらにせよ、個人的には2社以上は登録しておくのがオススメです。

 

2社以上登録しておくと、エージェントが言っていることの正しさが比較できるからです。

例えば一方のエージェントが、「あなたの経歴ではこのレベルの会社までしか入社できません!」とか言ってるとして、

1社のみの登録の場合「それが正しいのか?」ということが分からないですよね。

2社以上登録することでエージェントの比較が出来ますので、ちゃんとしたエージェントから転職支援してもらえる可能性が高まります。

 

エージェント会社は、経歴に自信のある人は大手。なければ小規模の会社がオススメ

エージェント会社は大手と小規模でどちらも良し悪しがあります。

自分の経歴に自信のある人の場合は、大手のエージェントに登録しましょう。何故なら大手なら案件数も豊富ですし、有能なエージェントの可能性も高いからです。

以下は私が登録してきた中でおすすめの大手エージェントです。

初めてエージェントに登録してみるって人は、リクルートエージェントが安定感がありオススメです。

 

◆大手の転職エージェント会社

 

自分の経歴にあまり自信のない人は、小規模のエージェントにも登録しておきましょう。

大手のエージェントは転職者の需要もやはり大きいため、経歴の弱い人は残念ながら後回しになってしまうことが多いです。

転職エージェントサービスもビジネスですので、やはり高年収が狙えそうな人の支援が手厚くなりがちです。

一方小規模のエージェントであれば、経歴が弱い転職者だったとしても熱心にサポートしてくれたりします。案件数は大手には少し劣りますが、大手の求人もしっかり持っていますしね。

以下は小規模でオススメのエージェントですが、迷った場合はWORKPORTがオススメです。

上記で紹介した24歳で年収550万の会社へ転職した人も、WORKPORT経由で決まったみたいです。

 

◆小規模でオススメのエージェント会社

 

まとめ

転職者は転職エージェントのための転職活動をしないようにしましょう。

あくまでも転職活動は自分のためです。

なので、転職エージェントに変な気を使ったりして、自分の希望の企業に入れないなんてことがないようにすることが重要です。

 

転職の成功のカギは良いエージェントの支援であることは間違いありません。

Copyright© IT業界転職のススメ-ブラック企業から転職して年収アップを図る! , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.