【体験談】IT業界で超有名ブラック企業に新卒で入社した結果・・・

投稿日:

今回は私てんすけの、新卒で入社した超ブラック企業の体験談についてお伝えしていきたいと思います。

私のプロフィールは、「ブラックIT企業から中堅企業への転職を成功させた私のプロフィール」を参照ください。

 

ちなみに今はブラック企業を1年半で退社し、中堅IT企業で仕事をしています。

当時は毎日辛かったですが、幸い今はそれなりに楽しい社会人ライフを送っています。

私がブラックIT企業に入社した経緯

当時、2011年頃でしょうか。

リーマンショックの直後、就職活動は超氷河期時代と言われていました。

 

学歴も能力も無く、面接も苦手だった私は50社以上受けてほとんど全滅。

そんなある日、ブラックで有名な会社から内定を得ることが出来ました。

 

具体的な社名は伏せますが、ブラックIT企業として有名なT○Sホールディングスのグループ企業です。

(ちなみに今も存在しているみたいですね。当時と社長も変わらず・・・)

今考えると派遣社員にでもなったほうがマシだったなと思うのですが、当時は「正社員じゃないとダメだ!」と思っていたので、ブラックだと薄々気づいていましたが、その会社に入社することに決めました。

 

しかし入社して1週間くらい経って早々に思いました。

てんすけ
この会社、なんかおかしくね?

 

本当にあったブラック企業の労働環境

入社早々違和感を覚えたことは、今も鮮明に覚えています。

ただ当時はその会社しか社会人経験がありませんでしたので、会社がおかしいのか社会ってそんなもんなのか、どっちなのかが分かりませんでした。

今思うと会社がおかしかったですねw

 

具体的には次のようなことがありました。

1.どこの会社・支店にも社長の写真が壁に掛けられている

ちなみにT○Sグループはグループ会社が何十社かありますが、全ての会社の社長は同一人物です。(T○Sの創業者)

その諸悪の根源みたいな爺さんがいるんですが、どこの会社・支店にもその爺さんの写真を掛けておかないといけないという謎ルールがあります。

爺さんは定期的に各社を訪問したりするのですが、その時に写真が掛かってなければ激怒するようです。

なので定期的に手入れしつつ、常に目立つ位置に爺さんの写真があるように配置されていました。

当時は気持ち悪いなあと思っていたのですが、今もそう思いますw

 

2.社長が気に入らない人間をすぐクビにする

そのクソみたいな社長は定期的に各社を訪問していましたが、過去に

「誰ですか?あなた」

みたいな対応をしてしまった社員がいたのですが、すぐにクビにされてましたw

当時はそんなもんか?と思っていたんですが、今考えると異常です。

 

3.給料体型がおかしい

これもブラックではありがちな話だと思うのですが、当時初任給で18万円くらいだったのですが、

18万だとまあ少し安い程度かな?と思うくらいじゃないですか。

でも実態は、

基本給10万円 技術手当5万 住宅手当3万

みたいな意味不明な内訳でした。(ちなみに求人情報の福利厚生の箇所には、「住宅手当有」ときっちり書かれていますw)

 

ちなみに何故こんなことをしているかというと、残業単価と賞与を抑えるためです。

残業単価と賞与は基本給から計算されますから、基本給を安くしておけば支払う給与を抑えられるというカラクリです。

 

4.賞与がまさかの1桁だった

1年目、夏のボーナスは3万円が寸志として支給されました。

まあこれはいいでしょう。1年目の夏のボーナスは出ない会社もあり、寸志が出るだけマシという考え方もあります。

しかし、期待に胸を膨らませてもらった冬のボーナスでも、まさかの7万円という金額を提示されました。

ちなみに2年目の夏のボーナスも7万円でした。手取りとして5万円くらいですw

これをボーナスと呼ぶのか・・・と絶望した記憶があります。

 

5.昇給額が、500円だった

2年目に入り、客先での評価も上々だった私でしたが、昇給額がたったの500円しかありませんでした。

しかも基本給ではなく、技術手当てが500円上がったのみです。

なので、10年目の社員と新卒2年目の私の給料はほぼ変わらないということを、その時初めて知りました。

 

ちなみに年収としては残業代込みで大体250万円くらいでしょうか。

私はその時、

てんすけ
この人らこの年収でよく結婚できるな・・・

と感心していました。

 

6.定期的に社長が来て、会社の金を使って豪遊する

私は大阪支店での配属だったのですが、定期的に暇をもてあました社長が来ていたのを覚えています。

で、何をするかと言うと適当に各社を偉そうな態度で見回り、特になにもしませんw

その後夜になると、高級居酒屋に管理職を引き連れて行き、その後キャバクラに繰り出していました。

ちなみに自腹ではなく会社の金です。

僕たちが月収18万でヒイヒイ言っている中、一晩で何十万もかけて会社の金で豪遊しているということです。

 

7.土日で社員を集めて勉強会を開く。が、もちろん給料は出ない

定期的に土日のどちらかで、社員を集めて勉強会を開いていました。

強制ではないと言いつつ、出ない人には評価でペナルティがつくという半強制システムでした。

なので貴重なお休みが一日潰れ、なおかつ給料が出ないという最悪なイベントでした。

でもこれもブラックではありがちな話みたいですね。

 

8.当然のように特定派遣型の客先常駐

特定派遣=ブラック企業とは思いませんが、IT業界のブラック企業はほとんど特定派遣をやってます。

ちなみにこのグループはほぼ100%特定派遣です。

特定派遣とは、正社員だけど別の会社で派遣社員として働く労働形態のことを言います。

 

別にいいんですよ。特定派遣やってても。でも会社説明会の時には全くそんな説明無かったですからね。

なので騙されて入ってきた社員は多かったですね。

特定派遣(SES)で客先常駐しているSEの苦痛・ストレス等11点!

お疲れ様です。てんすけです。 本日はIT業界で特定派遣(人売り)として働くSEの苦痛・つらさ、扱い等をお伝えしていきたいと思います。 特定派遣は私も3年ほど経験しましたが、精神的に削られますしプライド ...

続きを見る

 

9.多重派遣を当たり前のようにやっている

これも違法行為なんですけどね。

どういうことかというと、例えばA君がNTTデータに派遣されるとします。

NTTデータとT○Sが直接やり取りして、A君がNTTデータで働くというのなら良いと思うんですよ。

でも、NTTデータとやり取りしているのはA社。そしてA社を経由してA君が派遣されており、ピンハネ料をA社がとっていたりします。

 

ちょっと分かりにくいですかね?

具体的な私のときの実例でお話しましょう。

NTTデータがA社に、「月50万円で誰か派遣してくれ!」と言います。

A社には今派遣できる技術者がいません。そこでB社に誰かいないか確認します。

B社にも技術者はいないので、T○Sに誰かいないか確認します。こうしてT○Sにいた私が派遣されますw

 

なので以下のような支払い形態になるということです。

NTTデータ:A社に50万円支払う

A社:B社に45万円支払う(5万円ピンハネ)

B社:T○Sに40万円支払う(5万円ピンハネ)

T○S:月額40万円で、てんすけを派遣する

これは実際に起こった話です。

恐ろしいですねw

 

10.事務処理は自宅で行わなければならない

仕事をしていると、勤務表作成や出張旅費精算などの事務処理が発生しますよね。

この会社ではこの作業を、自宅でやるよう命じていました。

驚くべきことに私用のパソコンでですw

そしてその事務処理が結構大変で、しっかりやると月に5時間くらいはとられるんですが、給料は発生しませんw

 

11.待機中は交通費が出ない

これも未だに何故か分からないのですが、待機中は交通費が発生しませんでした。

※待機とは、派遣されておらず自社にいる期間のこと

社内ルールなのかなんなのかは分かりません。

一度課長に確認すると、「お金を稼いでないから交通費も出ない」という訳の分からない回答をされました。

 

12.生え抜きで管理職になるのはほぼ不可能

まず社長や役員になるのは100%不可能です。

一族経営なので社長や役員は息子が引き継ぎますし、役員になった人も他社からお土産を持ってきた人です。

ちなみにお土産とは、仕事です。要は派遣型のビジネスなので、派遣先とのコネですね。

生え抜きの社員だと、頑張っても主任。めちゃくちゃ頑張って係長。こんなもんです。

課長以上は大体中途採用組です。

 

13.40歳でも年収300万円程度

12.で説明したとおり、基本的に頑張っても主任にしかなれません。

主任になると主任手当てとして月5,000円が加算されます。

そして頑張って主任になると、ようやく年収が300万円程度になります。

T○Sグループに所属する社員の中で、年収300万円は結構エリートですw

 

ブラック企業の求人情報の嘘

基本的にブラック企業は、求人情報に嘘ばかりついています。

何故なら本当のことを書くと応募者が集まらないからです。

 

ここで、私が所属していたブラック企業が今年も採用活動をしていたので、求人情報の嘘を突っ込んでみたいと思いますw

 

<求人情報から抜粋>

>月給18万5000円

⇒一部嘘です。そのうち基本給は10万程度なので、月給の内訳は書くべきです。

 

>通勤手当

⇒一部嘘です。待機中は交通費出ないということを書いてません。

 

>昇給 年1回

⇒500円しか昇給しないとちゃんと書くべきです。

 

>賞与 年2回

⇒数万円しか出ませんとちゃんと書くべきです。

 

>離職率3%以下

⇒嘘です。僕の時は新卒で入社した子の半分は3年以内に辞めてました

 

>モデル年収 30歳400万 40歳600万

⇒嘘です。40歳でも大体の人が300万です。

 

やはり今も嘘ばっかりつき続けてますね。

詐欺師と同じだと思います。

 

ブラック企業に勤めている人はどんな人たち?

ブラック企業に勤めている人の半分程度の割合で、変な人が多いです。

コミュ障な人

びっくりするくらい太っている人

気持ち悪い人

などはいます。

こういった人たちは、単純に普通の企業に採用されないため、仕方なくブラック企業で働いている人たちです。

このケースはまあ仕方ないかなと思います。

 

ただ意外にも、もう半分くらいはまともな人でした。

良い人で、仕事も結構出来る人もいました。

 

てんすけ
まともなのになんでこんな会社にいるんだろう

当時はそんな風に疑問を呈していましたが、ブラック企業で働き続ける人は、以下のような特徴があります。

 

良い人すぎてブラックで働いていると思っていない人

真面目すぎる人

転職=リスクの高いことだと考えすぎてる人

怠け者で転職活動が面倒くさいと考える人

 

普通に仕事出来るし良い人なのに、本当にもったいないなと思ってしまいます。

日本人気質なんですかね?転職すること=裏切り行為みたいに考える人も多かったです。

そのため僕はブラック企業は大嫌いですが、ブラック企業に勤めている人は結構好きです。

なので、ブラック企業にいる人たちは早く一般企業に転職して、もっと幸せになって欲しいなと心の底から思っています。

派遣型SEは会社への忠誠心は捨て、転職だけを考えろ!!

 

ブラック企業を退社して今思うこと

当時勤めていたブラック企業からは、1年半程で脱出出来ました。

今となっては関係ありませんが、ブラック企業で働く人たちはなるべく早く脱出して欲しいなと思っています。

 

世の中には良い会社いっぱいありますからね。

もしこの記事を見ている方で、転職を迷っている人がいましたら、是非転職活動をしてみてください。

転職活動を開始すると決めたら、まず始めに転職サイトに登録しよう

 

その選択は絶対に間違っていません。私が保証します。

Copyright© IT業界転職のススメ-ブラック企業から転職して年収アップを図る! , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.