【IT業界】SEの書類選考突破対策!何をすればいい?

STEP3「SEの転職活動でやるべきこと」にて、転職活動に臨む心構えを身につけたあなたは、いよいよ具体的な転職活動に入っていくと思います。

実は転職活動での最大の関門は、書類選考突破です。

書類選考は、優良企業だけに絞った場合は私の体感での通過率は10%ほどです。

 

それほど、通過が難しいのが書類選考です。

しかし、書類の書き方を研究することで書類選考突破率は高めることが出来ます。

 

この章では書類選考の突破の方法についてお伝えしていきます。

転職サイトのWEBフォームの登録について

転職活動を行う場合、転職サイトに登録することが一般的です。

転職サイト経由で転職活動を行う場合も勿論多く、

①自分から応募

のパターンと、

②企業から応募

の2パターンがあります。

 

どちらのパターンでも、見られるのは過去の経歴等なので、WEBフォームには自分のアピールをしっかり書く必要があります。

SEが転職サイトに登録する時の"WEBフォーム"記入のやり方とサンプル(例)」では、具体的に私が記入した記入例とともに、WEBフォームの書き方についてお伝えしています。

是非確認してください。

 

SEの転職で英語力はどのくらい重視されるのか?

転職活動に向けて、資格取得を目指すSEの方は英語の資格を検討している方も多いと思います。

(TOEICとか、TOFELとか)

私も転職に向けて英語を勉強し、TOEICは700点以上のレベルまで引き上げることができました。

 

結論から言うと、英語力は書類選考突破にはそれなりには有効です。

しかし、仕事で求められる英語力とは話せて聞ける能力なので、実務経験がない英語力はたいして評価されません。

なので、転職のために英語を勉強するよりは、IT系の資格取得を目指したほうがいいと思います。

【IT業界】SEの転職で英語力(TOEIC)はどのくらい重要視される?

 

書類選考突破のために取得しておきたい資格は?

書類選考突破のために取得しておきたい資格はいくつかありますが、やはりそれなりに取得のために勉強が必要になります。

IT系の資格では、ITストラテジスト、システム監査技術者、OraclePlatinum、CCIE、プロジェクトマネージャなどの難関資格を得ることが出来れば、応募先企業では評価されるでしょう。

 

以下に、転職活動に有効な資格一覧をまとめましたので、是非参考にしてみてください。

【IT業界】SEの転職で有利になる"資格"と"難易度"一覧

投稿日:

Copyright© IT業界転職のススメ-ブラック企業から転職して年収アップを図る! , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.