社内SEの仕事内容を具体的に説明!楽だと言われているが本当?

投稿日:2017年10月1日 更新日:

多くの転職を目指すSEが目指す「社内SE」という職業。

一般的に、社内SEの業務は楽だと考えている人は多いです。

 

でも、実際に社内SEの仕事を把握している人は結構少ないです。ぼんやりと「」というイメージだけで飛びついている人が多い!

そこで今回は、社内SEの仕事内容を調査し、実際に楽なのか?についての調査結果を書いていきたいと思います。

社内SEの仕事内容

実際に仕事内容を調査するために、リクナビNEXTに掲載されている社内SEの求人情報をいくつか調査してみました。

そして結果は以下の通りでした。

 

<A社>

AccessVBAを使用した自社内システムの設計、開発をお任せします。

 

<B社>

業務改革・事業成長をサポートする社内システムの開発・改修

 

<C社>

流通業界を中心とするお客様の課題解決に向けたシステムの企画・設計・提案の指示など

 

<D社>

会社運営に必要な各種システムの開発、設計、構築、運用・保守など●上流から下流まで関与

 

<E社>

AIシステムの自社内研究開発/◎最先端のスキルを学べます。◎ゆくゆくは要件定義などにも携われます。

 

結果を見てみると求人内容は様々ですね。

「自社内全般のシステムを任せますよー」って所もあれば、かなり狭いスキルを求められて、そのスキルでガシガシ開発してほしいってとこもあります。

 

しかしどちらにせよ、社内SEの求人にはITの高いスキルが求められているようです。

当たり前かもしれませんが、今までの経験でどれだけのスキルを持っているのか?ここを一番重視しているように思いました。

 

社内SEの仕事は大きく分けると2パターン

①自社内開発タイプ

1つ目のタイプは、自社のシステムを自力で開発していく技術力重視型のパターン。

このタイプは自社社員の要望も聞くのは勿論のこと、その要望を設計に落とし込み、開発・運用・保守まで全てやらなければいけません。

納期等もあると思われ、基本的にかなり忙しいタイプの社内SEです。

 

②開発は外注業者へ発注するタイプ

2つ目のタイプは開発作業はあまり行わない調整力重視のパターンです。

主なやることは、自社社員の要望をヒアリングし、それをまとめて、外部のシステム会社へそれを要件として伝えることです。

要望の取りまとめと、外注業者の管理が最も重要視されており、技術も必要ですが、主に調整力・コミュニケーション能力等が必要になってきます。

 

ユーザーと業者の板ばさみになったりすることもあると思うのでやや人間関係の部分で大変ですが、「納期に追われる」、「作業ミスのプレッシャーがやばい」等の概念がないので、激務にはなりにくいです。

一般的に社内SEに憧れている人は、②のタイプの社内SEを想像している人が多いようです。

 

2パターンに共通して重要だと言えること

2パターンに共通して言えることは、ユーザーの要望をしっかりと聞き取り、それを要件に落とし込むと言う能力です。

いわゆるコミュニケーション能力の部分ですね。

そのため、社内SEに必須のスキルは「人当たりの良さ」だと言われたりします。

いくら技術力が高くても、話し掛けにくいようなオーラを出しているSEはダメです。

ユーザーからするとそもそも要望を挙げることすら出来ないので、技術力以前の問題というわけです。

 

よって社内SEの求人には、ある程度の技術力も必要ですが、人当たりの良さの部分が最重要視されているようです。

 

社内SEは実際に楽なのか?

では、結論として社内SEは楽なのか?しんどいのか?についてですが・・・

 

結論:社内SEが楽かどうかは、会社による

 

となりました。

楽かどうかを調べるため、社内SEの体験談などをYahoo!知恵袋なんかから片っ端から読み漁ってみたんですが、それこそ本当に人によって全然内容が違うんですよね。

 

具体的にはこんな意見があったので、それを紹介します。

 

会社の人
意見①「ミスをしたら逃げ場がない。うまくいって当たり前で褒められることはなく、少しでもミスをしようものなら怒涛の勢いで怒られる。システムがトラブったら徹夜もあるし、他部署から怒鳴り込まれることもある」

 

会社の人
意見②「社内の中で権力が低い。結局自分で金を稼いでいる部署ではないので、他部署から下に見られることがある。また、景気が傾くと給与カットの対象になりやすい。リストラの対象にもなりやすい」

 

会社の人
意見③「はっきり言って仕事は楽だし給与もそこそこ高い。定時に帰られるし、IT企業に比べても給与はそん色ない。満足している」

 

会社の人
意見④「残業がほとんどなく、休日出勤もたまにしかない。休日に電話がかかってくることがないので、ワークライフバランスが優れている」

 

会社の人
意見⑤「プログラマやSEを経験したが、社内SEはとにかく楽。暇な時は暇だし、精神的にも楽」

 

会社の人
意見⑥「他の社員からの質問がくだらなすぎてイライラする。少し調べれば分かるようなことを聞いてきて、仕事を押し付けられたりする」

 

上記のように、会社によって環境が異なるのは勿論のこと、どんな仕事をやりたいか?によって社内SEになっても満足感を得られるかどうかが変わってくるようですね。

 

まとめ

結論として社内SEが楽かどうかは、会社によるところが大きいようです。

転職サイトで調べてみると、社内SEの求人自体はまだまだありましたので、

・どんな仕事内容なのか?

・その会社自体はホワイトなのか?ブラックなのか?

という観点で、優良求人かどうかを見定めてみてはいかがでしょうか?

社内SEの待遇や年収を知りたい方は【社内SE転職ナビ】

Copyright© IT業界転職のススメ-ブラック企業から転職して年収アップを図る! , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.