SEの転職前の動き方!情報収集が重要!会社に内緒で活動を進めること!

STEP1「転職前に考えること⇒「今の会社・自分の現状」を整理しよう」で会社の現状について考え、

「転職するしかない」

という結論に至った場合は転職に向けた活動を進めていきましょう。

 

STEP2では、転職活動を実施する前に抑えておきたいポイントをまとめましたので、一度考えの整理をしてください。

 

派遣型SE(SES)は、転職に有利になる技術を習得せよ!

IT業界では、派遣型SE(SES)として働いている人が多いと思います。

 

色んな客先に飛ばされて様々な仕事をやっている方が多いと思いますが、

ここでお伝えしたいことは1点です。

てんすけ
派遣型SEは、とりあえず転職市場で有利になりそうなスキルを積極的に習得しにいこう!

です。

結局転職市場で評価されるのは、経験年数や人柄より、何をやってきたか?という要素が最も大きいです。

 

例えば、経験5年でネットワーク監視業務のみをしてきたAさんと、経験3年でネットワークの設計・構築をしてきたBさんがいたとしたら、Bさんのほうがはるかに転職市場では評価されます。

なので、スキルのつきそうな案件・作業が入れば積極的に手を上げ、新しいことに挑戦するような働き方がオススメです

 

人間は、新しい未知のことはやりたがらず、自分が出来ることをやりたがるものですが、それだと後々苦労するので推奨しません!

出来ることが多ければ多いほど結局は自分を助けることになります。

派遣型SEは会社への忠誠心は捨て、転職だけを考えろ!!

 

SEの転職活動を始めるタイミングはいつがベストか?

転職活動を始めるタイミングについて、大きく分けると以下2パターンに分かれます。

・在職期間中

・会社を辞めてから

 

結論から言うと、会社を辞めてから転職活動を始めるのはオススメしません!

やるなら在職期間中に行い、内定を貰った後に辞意表明をしましょう。

 

理由としては、以下2点です。

・在職期間中だと精神的な余裕を持って転職活動を行うことが出来る

・空白期間を作らないで済むので、評価が落ちない

 

面接の時に休みが取れないよーって方は、仮病を使って休んでください。

そもそも有給休暇は社員の権利ですから、それを使わせない会社に仁義を通す必要は全くありません。

SEの転職活動はいつからやるべき?成功のタイミングとは

 

転職活動は会社には内緒で行うべき?

これも、間違いなくYESです。

転職活動をしていることは絶対に会社の人(仲良い人含む)には言っちゃいけません。

これを言って何かメリットがあるかというと、全くありません。

むしろバレた場合、非常に会社にいづらくなりますし、転職活動もしづらくなります。

 

また、やっぱ転職やめとこーってなった場合でも、出世レースから外れることになりますw

会社からすると、転職活動をしようとしている人間を、重要ポストには就かせられないですからねw

詳しくは、「転職活動していることは伝えないようにしよう。会社にバレるとどうなる?」にて書いています。

 

IT業界から別の業界を目指す転職はオススメしない

よくありがちなのが、IT業界に疲れた人が転職のタイミングで別の業界を目指すということです。

これは、全くオススメしません。

 

何かやりたいことが見つかってそれがどうしてもやりたい!ってことであれば、別にいいと思います。

ただ、なんか残業多いとか、仕事しんどいとか、給料低いとか、そういう理由であれば、別の業界に行くのはやめておきましょう。別の業界に行くほうがもっとシビアですw

 

ちなみにIT業界⇒IT業界であれば、今までの経験が評価されやすいので、基本的には待遇はUPする傾向にあります。

よりランクの高い会社へ行くことが出来れば、給料は高くなるし、仕事のストレスも軽減していく方向にあるでしょう。

 

私は過去3回転職してますが、いずれも転職するたびに待遇面は向上しています。

IT業界から転職で別の業界に行くのは、おすすめしない

 

IT業界は今、売り手市場なのか?

IT業界は、今空前の売り手市場です。

何故かというと、働き方改革や少子高齢化の影響で、どこの会社もIT技術で効率化を測っているからです。

また、情報管理の観点からセキュリティ強化にも力を入れている企業が増えてきています。

 

そのため、ITエンジニアは今かなり人手不足状態となっており、どこのIT企業も人材投資を積極的に行っています。

我々ITエンジニアにとっては今、かなりチャンスな環境になっています。

IT業界が売り手市場なのは本当?SEが転職したほうがいい理由!

 

転職活動のためにIT資格を取るなら、どんな資格が良い?

転職活動では、やはり資格の効果はそれなりにあります。

もちろん難関資格であればあるほど、採用面接時の評価が高くなります。

 

一般的な資格で言うと、基本情報や応用情報などの国家資格。

あとは自分が何のエンジニアかによって、目指す資格を選んでいけば良いと思います。

【IT業界】SEの転職で有利になる"資格"と"難易度"一覧

投稿日:2019年4月7日 更新日:

Copyright© IT業界転職のススメ-ブラック企業から転職して年収アップを図る! , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.